男性

症状や原因を知ろう

女性

心筋梗塞は、今や年齢関係無く発症リスクがある病気となっています。病気にも前兆があると言われおり、胸部の痛みや吐き気、息切れといった症状が出てきた時には早めに医師の診察を受けるのが良いでしょう。

詳細を確認する...

病院の治療方法

医者

心筋梗塞にかかってしまった場合、病院治療としてはまず初めに薬物治療が行なわれます。症状が軽度の人であれば薬を利用して改善していくことができるでしょう。中度や重度の症状になると外科手術が必要になります。

詳細を確認する...

病院は正しく選ぶ

女性

心筋梗塞の治療をする時には、病院選びもしっかり行なう必要があります。特に病院の設備や治療方法は確かめておくのが良いでしょう。大掛かりな手術になる可能性もあるので、医師の技術力まで細かくチェックしておくことも大切です。

詳細を確認する...

病気と向き合う

男性

心臓の病気

病気というものは、いつ自分に降り掛かってくるかわからないものです。軽度の薬治療だけで改善できる病気もあれば、その後も後遺症があり生涯付き合っていかなければならない病気もあります。特に近年では生活習慣の乱れによって、若い世代でも病気のリスクが高まってきていると言われています。昔は中年の人が発症すると言われていた心筋梗塞も今では10代や20代でも発症リスクがある病気となっているのです。心筋梗塞の場合、一度発症するとその後も心不全や不整脈といった症状が発生する可能性があるので注意が必要です。特に心臓は人間が生きていく上で必要不可欠な臓器となっています。心筋梗塞のように心臓に損傷がある病気にかかってしまうと生命の危機に陥る可能性が高いので、できるだけ日々予防を心掛けておくのが良いでしょう。

再発を予防する

心筋梗塞は、一度病院で治療を終えても医師の指導やアドバイスに従わなければ再発してしまう可能性もあります。病院治療の場合、薬治療や外科手術を用いて治療を進めていきますが、同時に食事療法も行ないます。入院して治療をする場合であれば、病院が食事の管理をしてくれますが、退院した後は自分自身で食事に気を遣っておく必要があるのです。その為、できるだけ医師による食事のアドバイスにはしっかり耳を傾けておくのが良いでしょう。そうすることによって、心筋梗塞の再発を防ぐことができます。食生活に加えて、喫煙も心筋梗塞を引き起こすリスクの高い病気になるので注意が必要です。